FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アラサーOG、肝に命じる。


わたくし、最初に謝らなければなりません。

すみません・・・。

ほんの少し前、脱走には気をつけると誓ったはずなのに、

早くもまた、脱走させてしまいました・・・。


第一発見者はまたしてもおら君でした。


「大変や!」


出先のアラサーOGに届いた既視感のあるメール。


「またクワガタ♀が脱走してたんや!」

180603pic1


がーん (´Д` ;)


ブログのネタになるかもと、妙な気を利かせて

現場を押さえまくっていたおら君。

180603pic2_

接写。
180603pic3

その後、捕獲された模様。
180603pic4


今回の脱走ノコは、前回の洗濯事件のノコとは別の個体で、

春眠から覚めたばかりのノコだったわけですが、

そもそも、目を覚ましたノコにプリンカップの中でゼリーを食べさせ、

その後、飼育ケースに移すというやり方が良くなかったと気付きました。

ノコにしてみれば、越冬明けの体に栄養が補給されフルパワーになれば、

そりゃプリンカップのフタを押し開けて、いざ散策!となるでしょう。


「お食い初め」なんて悠長な考えをあらため、

さっさと飼育ケースに移すことを肝に命じたアラサーOGでした。

180603pic5


飛び立つ気満々のご様子。
180603pic6

「Ready」
180603pic7
スポンサーサイト

アラサーOG、それぞれに個性を感じる。


赤いボディーの車に

紅いボディーのカミキリムシ。

180522pic1

その名も、ベニカミキリというそうです。

180522pic2

強烈な色合いから毒を持つのかと思いましたが

調べてみると、まったくの無毒とか。

昆虫の中には、自然界で身を守る術として

「保護色」で擬態するものと

「警戒色」で威嚇するものがいますが、

連れ帰ろうかと手を伸ばしたアラサーOGを一瞬、躊躇させたあたり、

ベニカミキリの「警戒色」見事に成功、といったところです。


アラサーOGがスマホで毒性を調べている間に、

ついっと青空に消えていったベニカミキリ。

その行く末が喜びに満ちたものであるよう願うばかりです。


さて、我が家のノコたちは今日も元気に過ごしています。

部屋の片隅でうずくまる♂5氏。

180522pic3

昆虫ゼリーにダイブする♀3氏。

180522pic4

こちらは、飼育ケースごしの♂3氏。

180522pic5

カパッ!とフタが開くのと同時に、カパッ!と大あごを開いた♂3氏。

180522pic6

フタを開けるたび、慌てふためき逃げまどう個体も多い中、

♂3氏は悠然と大あごを構え、触角を揺らしていました。

180522pic7

シャキーンと伸びた立派な大あご。ほれぼれします(´∀`*)

180522pic8

なんだかちょっと、くわたろうに似ているような。。。

180522pic9


春先にぐんぐん葉を広げ始めていた観葉植物

今やたくさんの花を咲かせています。

180522pic10

くわたろうのことを思い出しながら、

♂3氏を葉の上に乗せてみるアラサーOG。

180522pic11

くわたろうと違って、まったく無反応の♂3氏・・・。


姿形は似ていても、やはりそれぞれ個性があるのだなぁと

あらためて感じるアラサーOGでした。


アラサーOG、あの事件を語る。


我々はクワガタである。名前はまだ無い。

180516pic1


ということで、性別と番号で識別されている我が家のクワガタたち。

♂2、
180516pic2

♀3、
180516pic3

♂5、
180516pic4

♀1、
180516pic5

せんたく・・・?


そう。実はこの♀1クワガタ、洗濯された経験をもつのです・・・。


ある日、所用でひとり外出していたアラサーOGの元に

おら君からのメールが。

「大変!洗い終わった洗濯物の中からクワガタが出てきたんや!

 とりあえず、お椀に回収したよ。」

180516pic6


「完全にアウト」という言葉が脳裏に浮かびました。


飼育ケースに移す前のプリンカップから脱走して、

洗濯槽に紛れ込んでしまったのでしょう。


「こんな不注意でノコを1匹失うなんて・・・。」


絶望感の中、家に帰り着くアラサーOG。

するとそこには、移送先の水苔マットの中で

ガサガサと活発に動き回る♀1氏が。タフすぎる・・・。

180516pic7

とは言え、洗剤の中で何十分もかき回されて平気なわけがありません。

いつ事切れるかと怯えながら見守ってきましたが、

今日も脱走を企て、飼育ケースをガリガリ引っかく♀1氏。ハイパータフです。

180516pic8

アラサーOGが近づくとピタッと静止して素知らぬふり。バレてますよ。

180516pic9


オスだったら絶対「せんたくん」と名付けていたのですが、

メスなので、名前は・・・まだ無いです。

♀1氏の元気な様子にほっとしつつ、脱走には本当に気をつけようと

かたく胸に誓うアラサーOGでした。



* おら君とは、第一人称が「おら」の主人です。再婚しました。

アラサーOG、4月のときを振り返る。


実は今年、「月に1回は記事を更新する」のを目標にしていましたが、

4月は記事数0となってしまい、早くも達成ならずのアラサーOGです。

ノコたちの活動期スタートなど、書き綴りたい出来事はあったのですが

わたしの筆が止まってしまった理由、

それは、カブ幼虫との別れでした。


くるんと丸まる白い体。

180513pic1

マットを食べてすくすく順調に成長しているように見えました。

ところが、冬の眠りから覚め、蛹になろうという時に、

鼓動が途絶えてしまったのです。


たった1匹のカブ幼虫。

ぽぅくんとの日々を思い返しつつ、

今夏、カブ幼虫が成虫になった後の

楽しい時間を思い描いていただけに、

落胆もひときわ大きなものでした。


動かなくなったカブ幼虫は、澄んだ空気が漂う竹林の中に埋めることにしました。

ぽこぽことあたまを出した竹のこが、幼いカブ幼虫の姿に重なり、

元気にマットを食べていた頃がついさっきのことのように思い出されました。

天にも届きそうな勢いでぐんと背伸びした青竹を見上げ、

悲しみを飲み込むアラサーOGでした。


そして、もう1匹、、、

続きを読む

アラサーOG、少し早い季節の訪れに気づく。


4月末のある日。

駅の構内を歩いていると、目に飛び込んで来た「昆活しようぜ!」の文字。

180510pic_1


凄まじい圧を放つ【 国立科学博物館 特別展 昆虫 】のポスターでした。

「もちろんだぜ!」

と心の中で香川さんにサムアップしつつ

その場を後にしたアラサーOGですが、

実は、我が家ではすでに「昆活」が始まっていました。


「昆」虫の「活」動期が・・・!


夏はまだ先ですが、このところの暑さが刺激になったのか、

春眠中のノコたちがぞくぞく目覚めて来てしまったのです。

180510pic_2

ちょっと早いなぁ・・と焦りつつも、つやぴかの新成虫の姿に

思わず顔がほころぶアラサーOG。

180510pic_3

180510pic_4

180510pic_5


ゼリーでお食い初めをし、

180510pic_6

180510pic7_

少し落ち着いたところで飼育ケースに移します。

180510pic_8

180510pic_9

180510pic_10

越冬ノコ13匹が無事に目覚め、喜びいっぱい・・・と言いたいところですが、

悲しいことに、水苔ベッドの中で永遠の眠りについた♀が1匹、

目覚めてから程なくして旅立った♂が1匹・・・。

180510pic_11

今は♂5匹、♀6匹(うち、春眠中の個体が3匹)の合計11匹です。


待ちに待った我が家の昆活が、長く賑やかであることを

願ってやまないアラサーOGでした。



プロフィール

アラサーOLあらため、アラサーOG

Author:アラサーOLあらため、アラサーOG
アラサーの域は出ましたが、
相変わらずクワガタを飼っています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
Welcome!
Ranking!

FC2 Blog Ranking

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。